• 症例写真-グロースファクター

グロースファクターによるほうれい線治療 30代女性⑦

当院で行ったグロースファクターによるほうれい線治療の症例です。

 

 

著者:ほうれい線治療専門クリニック
福岡Shiwa美容皮膚科 院長 
平島梨絵 ドクター紹介はこちら>

 

 

治療前、お悩み

30代女性の症例です。

まだまだほうれい線自体は浅いですが、たるみによるやや”線の深いほうれい線”があります。

左右差も存在し、左のほうれい線が深い状態です。

また鼻横(鼻翼基部)の凹みもあります。

この患者様はここ数年でほうれい線が気になりだし、なにか治療ができないかと考えられていたそうです。

ヒアルロン酸も検討されたそうですが、効果の持続面、安全性からグロースファクターによるほうれい線治療を選択されました。

治療1か月後

ほうれい線が改善し、またほうれい線の左右差も改善されています。

また、鼻翼基部の凹みも改善しています。

治療前と治療1か月後の比較

治療前と治療1か月後の比較(左側面)

近距離でも比べてみましょう。

口横までのびていたほうれい線も改善していることがよくわかります。

治療前と治療1年後の比較

最後に1年後のお写真を比較してみましょう。

1年後も効果がしっかりと持続しています。鼻翼基部のへこみも改善して若々しい印象を与えてくれます。

患者様にも仕上がりの自然さ、また肌質の改善もされたと非常に満足いただけました。

グロースファクターによるほうれい線治療は6か月かけて徐々に改善していき、その後長期間にわたって効果が持続します。

ほうれい線についてお悩みでしたら一度当院にご相談ください。

もちろんカウンセリングのみも可能です。

当院へのお問い合わせはこちらから>

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Add more content here...