• ほうれい線

ほうれい線にお悩みの方必見!ほうれい線が深く見える原因とは

ふと自分の顔を見たときに深いほうれい線が気になったことはありませんか?

ほうれい線が深くて悩んでいる方は多くいます。深いほうれい線はどうしても顔の老化を強く印象づけることになります。

この記事では、ほうれい線の深さに関係する要素について解説します。

ほうれい線が深く見える原因を知りたい方はぜひ最後までご一読ください。

著者:ほうれい線治療専門クリニック
福岡Shiwa美容皮膚科 院長 
平島梨絵 ドクター紹介はこちら>

 

深いほうれい線ができる原因

深いほうれい線ができる原因として代表的なものは加齢・紫外線・乾燥があります

これらが組み合わさり、ほうれい線が深くなる傾向があります。

加齢

加齢に伴って皮膚のコラーゲンとエラスチンやヒアルロン酸の生産が減少します。

これらは皮膚の柔軟性と張りを保つための主要なタンパク質です。

その結果、皮膚はたるみ、ほうれい線が深くなるのです。

また、加齢により骨が吸収されることなどでもたるむ原因となります。

紫外線によるダメージ

紫外線は肌の老化の大きな原因です。 紫外線は、肌の表面だけでなく

深部にまで浸透し、コラーゲンとエラスチンの分解を促進します。

また、紫外線はメラニン色素の生成を刺激し、シミそばやかすの原因になります。

このように、紫外線は肌の健康全般にも悪影響を与え、ほうれい線の深さを促進してしまいます。

乾燥による皮膚ダメージ

乾燥によって皮膚のコラーゲンとエラスチンの働きを乱すことで、皮膚の柔軟性が阻害され、ほうれい線が深く見えます。

ほうれい線が深く「見える」原因

シワそのものが深くなくても、以下があることで、実際よりも深く見えてしまいます。

頬の脂肪の量

頬の脂肪が多いと、ほうれい線に影ができやすくなり、ほうれい線が目立ちやすくなります。

下の症例の患者様はやや頬の脂肪の量が多いことによるほうれい線がお悩みです。

当院でグロースファクターによるほうれい線治療を行い、ほうれい線が改善されました。

鼻横の凹み(骨格によるもの)

小鼻の横が凹んでいる場合には、ほうれい線が深く見えることがあります。

これは、骨格的な構造によるものです。

鼻翼基部が低い場合には、影ができてしまうためです。

骨格的に鼻翼基部(小鼻の横)が低い方は、ほうれい線が深く見えてしまいます。

こちらは、鼻の横のくぼみと表現されることが多いです。

下の患者様は当院で行ったグロースファクターによるほうれい線治療の症例です。

ほうれい線がお悩みでしたが、ほうれい線が改善していることはもちろん、鼻翼基部の凹みも改善されています。

グロースファクターによるほうれい線治療について詳しくはこちら>

その他のほうれい線が深くなる原因

体重の減少・頬の脂肪を減らす治療

体重の減少や頬の脂肪を取る治療によってほうれい線が深くなることがあります。

特に急激に痩せると、皮膚が余って、垂れることで、ほうれい線が深く見えることがあります。

歯科矯正

歯科矯正のための抜歯や、突出していた前歯を下げることによってほうれい線が深く見えることがあります。

まとめ

ほうれい線が深く見える原因が様々な原因があります。

原因によって治療法も変わってきます。

当院で行っているほうれい線治療の症例写真は下記をご覧ください。

様々な原因で起こるほうれい線にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<マスクを外した時のほうれい線が気になる方へ> ほうれい線専門医院「福岡Shiwa美容皮膚科」が11月30日まで 「ほうれい線改善・成果保証キャンペーン」実施

 

 


くわしくはこちら>>

Add more content here...