• ほうれい線, グロースファクター

暗い場所で見たらほうれい線が目立つ!?その原因について解説

暗い場所や、影があるところでほうれい線がくっきり目立つように感じたことはありませんか?

明るい場所ではそんなにほうれい線が気にならないのに、洗面所などの暗い場所、また写真でほうれい線が目立つことで悩んでいる方も少なくはありません。

ただ、暗い場所でほうれい線が目立つのは人間だれしも起こります。

今回の記事ではその原因について解説します。

暗い場所でほうれい線が目立つことでお悩みの方はぜひご一読ください。

著者:ほうれい線治療専門クリニック
福岡Shiwa美容皮膚科 院長 
平島梨絵 ドクター紹介はこちら>

 

暗い場所や鏡でほうれい線が目立つ原因について

照明による影ができる

 暗い場所や特定の照明下では、顔の凹凸が強調されることがあります。光が当たる角度や強度によっては、ほうれい線の部分が影となり、それが深く見える原因となることあります。

皮膚の乾燥

乾燥した肌は、小じわやほうれい線が目立ちやすくなります。 特に乾燥している環境では暗い場所でほうれい線が目立ちます。

肌のターンオーバーの低下

皮膚の新陳代謝(肌の生まれ変わり)が低下すると、古い角質がたまり、肌の凹凸が目立ちやすくなります。これによりくすみが強調され、ほうれい線も深く見えることがあります。

ターンオーバーを整えるためにはピーリング治療がおすすめです。

生活習慣

睡眠不足、ストレスなストレス、喫煙など不健康な生活習慣は、肌の老化を促進し、くすみの原因となり、ほうれい線の深さや目立ちやすさに影響を与えます。

シミやくすみ、毛穴の開き

シミやくすみ、毛穴の開きは、特に光が当たる部分のほうれい線を目立たせてしまいます。

頬の脂肪が多い

そもそも頬に脂肪が多い場合、ほうれい線を目立たせることがあります。

暗い条件下では、なおさら脂肪が作る影がほうれい線をより深く見せてしまうこともあります。

顔のむくみ

顔がむくんでいると、ほうれい線の影が強調されたりします。そのため日によって見え方が違うという方も少なくありません。

暗い場所で目立つほうれい線は治療すべき!??

では暗い場所で目立つほうれい線はすべて老化現象なのでしょうか?

答えは”NO”です

理由は先述したように暗い場所ではほとんどの方がほうれい線が目立つためです。

ではどんな目立つほうれい線が老化現象で治療すべきなのでしょうか

明るい場所でも刻まれているほうれい線には要注意!!

ほうれい線のうち注意すべきものは、暗い場所から明るい場所に戻っても消えないほうれい線には要注意です。

明るい場所でもほうれい線が目立つのであれば早めに治療をしましょう。

当院ではほうれい線治療を専門に行っています。

 

まとめ

今回は暗い場所でほうれい線が目立つ原因についてお話しました。

誰でも暗い場所ではほうれい線が目立ちますが、それが明るい場所に戻ったときでも刻まれているほうれい線は要注意です

ほうれい線にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<マスクを外した時のほうれい線が気になる方へ> ほうれい線専門医院「福岡Shiwa美容皮膚科」が11月30日まで 「ほうれい線改善・成果保証キャンペーン」実施

 

 


くわしくはこちら>>

Add more content here...