• お知らせ, 症例写真-グロースファクター

グロースファクターによるほうれい線治療 50代女性④

当院で行ったグロースファクターによるほうれい線治療の1年後の経過の症例です。

 

 

著者:ほうれい線治療専門クリニック
福岡Shiwa美容皮膚科 院長 
平島梨絵 ドクター紹介はこちら>

治療前、お悩み

50代女性の症例です。

以前からほうれい線が気になっていたが、なかなか治療には踏み出せず、当院での治療を初めての美容医療として選択していただけました。

この方はたるみにる「線の深いほうれい線」とすでにほうれい線が刻まれてしまった真皮性のほうれい線「線の強いほうれい線」双方が混在している症例です。

また、左右差もみられます。

この方は治療の安全性、費用などからグロースファクターによるほうれい線治療を選択されました。

治療1年後

刻まれたほうれい線が改善し、左右差もほとんどみられなくなっています。

治療前と治療1年後の比較

治療前と1年後を比べてみましょう。

ほうれい線が改善するだけもかなり若々しくなりましたね。

治療前と治療1年後の比較(左側面から)

最後に至近距離でもほうれい線を比べてみましょう。

  

至近距離でからみてもほうれい線、特に真皮性のほうれい線が改善していることが分かります。

患者様にも、「治療してよかった」「効果がしっかり出てうれしい」と満足いただけました。

グロースファクターによるほうれい線治療であれば、1年後でもしっかり効果は継続し、仕上がりも自然な仕上がりとなっています。

ほうれい線にお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Add more content here...