• ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の打ちすぎは気づかないうちに不自然な顔立ちに?

ヒアルロン酸を打ちすぎてて明らかに不自然な顔立ちになっている方を見たことはありませんか?

ヒアルロン酸注入は外科的な治療なしに、自然に顔のボリュームを増やしたり、リフトアップしたり、輪郭形成ができる治療です。

しかしその反面、その手軽に効果が出るため、明らかにヒアルロン酸の打ちすぎな方を街やテレビで見かけます。

この記事では、ヒアルロン酸注入の打ちすぎによる問題について取り上げ、その対処法についてもご紹介します。

ヒアルロン酸注入を検討中の方はぜひご一読ください

著者:ほうれい線治療専門クリニック
福岡Shiwa美容皮膚科 院長 
平島梨絵 ドクター紹介はこちら>

 

ヒアルロン酸の打ちすぎ「ヒアルロン酸オーバーフィル症候群」とは?

「ヒアルロン酸オーバーフィル症候群」は、一般的な医学用語ではありませんが、過剰にヒアルロン酸が注入された結果の明らかに不自然な状態の顔のことです。

ヒアルロン酸オーバーフィル症候群の症状と問題

不自然な外見

過剰なヒアルロン酸注入によって、顔の一部または全体が不自然に膨張らんだり、アンバランスになることがあります。

特に頬や唇が目立つことが多いです。

自分ではそう思ってなくても他者から見て明らかに不自然な外見であることがあります。

しこりや凝固塊の存在

 注入部位に硬いしこりがあることがあります。これは見た目だけでなく触感でも形成される場合があります。

ヒアルロン酸オーバーフィル症候群の治療法について

ヒアルロニダーゼ

過剰なヒアルロン酸を分解するための酵素であるヒアルロニダーゼが注入される場合があります。

手術

凝固塊ができてしまいヒアルロニダーゼでは溶解できない場合には、硬くなったヒアルロン酸を手術で除去する必要が出てくる可能性があります。

 

ヒアルロン酸オーバーフィル症候群を起こさないために

当院のヒアルロン酸注入治療のこだわり

ヒアルロン酸オーバーフィル症候群を起こさないためにすべきことは単純明白です。

ヒアルロン酸を打ちすぎないということです。

当院にもヒアルロン酸注入を希望される方はたくさんご来院いただきますが、その患者様に合わせて適切な量を注入しております。

なにより、明らかに入れすぎ、注入しすぎ、という方には申し訳ございませんが注入をお断りさせていただいております。

当院で施術されたことがある方はご存じのように、その方に合わせて最小限の注入量で済むように注入量を調整させていただいております。

まとめ

ヒアルロン酸は注入しようと思えばいくらでも注入できるため、明らかに不自然な場合でも注入をされている方が一定数存在することが事実です。

当院ではそのようなことは絶対しません。

ヒアルロン酸注入を検討中の方、ぜひご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<マスクを外した時のほうれい線が気になる方へ> ほうれい線専門医院「福岡Shiwa美容皮膚科」が11月30日まで 「ほうれい線改善・成果保証キャンペーン」実施

 

 


くわしくはこちら>>

Add more content here...