• シワ・たるみ

口横の深いしわ”マリオネットライン”の治療法

鏡でみたときに海外のお人形のように口横に入ったシワが気になりませんか?

その口の両脇から顎にかけてできるシワがマリオネットラインです。

今回の記事ではマリオネットラインの原因と治療法について解説します。

著者:ほうれい線治療専門クリニック
福岡Shiwa美容皮膚科 院長 
平島梨絵 ドクター紹介はこちら>

 

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインは、加齢やたるみの影響を大きく受ける部位です。

たるみによっておこるマリオネットライン

加齢によっておこる生理的な骨吸収、またコラーゲンやエラスチンの減少による肌の弾力性の低下が原因です。

さらにバッカルファットやジョウルファットと呼ばれる顔の脂肪群(主に口角の横の脂肪群)の下垂によって生じます。

口角下制筋・広頚筋の過緊張

口角の下に口角下制筋という口角を下に引っ張る筋肉があり、広頚筋というフェイスラインを下に引っ張る筋肉があります。

この筋肉が働きすぎる(過緊張状態)と、マリオネットラインが作れらる原因の一つです。

マリオネットラインの治療 

当院では「グロースファクター」というシワ治療も行っていますが、マリオネットラインは先述したように、たるみで起きる部分なので、グロースファクターでコラーゲンが増えてハリが出ても、他のシワほど効果がありません。

そのため、マリオネットラインにはグロースファクター治療はおすすめしません。

マリオネットラインの治療を希望される場合は、リフトアップ治療をおすすめします。

スレッドリフト(糸リフト)

糸リフトとは、コグと呼ばれる棘のある糸を挿入して、頬のたるみを改善する施術のことです。

メスを使わずに施術でき、腫れや内出血などのダウンタイムは意外と少ないですが、皮膚の陥没、引きつれ、顔面神経損傷、耳下腺損傷などのリスクがあります。

現在、主流の自然に吸収される安全な糸で治療した場合、持続期間は6ヶ月~2年程度です。

ショッピングスレッド

ショッピングスレッドリフトとは、短い吸収糸を皮下に多数挿入することによってコラーゲン再生を促してリフトアップを目的とする施術です。

挿入した針の中に髪の毛よりも細い極細の吸収糸が内蔵されていて、針を抜くとその極細のいとが留置されます。

コラーゲン再生することでハリ・ツヤが肌に出ますし、さらに引き締めにも効果的です。

メスを使わずに施術できますが、腫れや内出血などのダウンタイムはあります。

施術はやや痛みを伴います(麻酔で最小限に抑えることができます)。

持続期間は約6ヶ月~9カ月程度です。

ボトックス

先述した、口角下制筋、広頚筋の過緊張状態をターゲットに、ボトックスを注入します。

ただしマリオネットラインがあまりに深すぎると改善はやや難しいです。

ですが口角ボトックスは笑った際の口角に引き上げに効果的です

広頚筋ボトックスはマイルドにリフトアップ効果もあります。

またこれ以上マリオネットラインが深く刻まれるのを予防する効果もあります。

リスクとしては、内出血、左右差、表情の違和感です。

HIFU(ハイフ)

「High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波療法)」の略で、顔や首のリフトアップに効果的です。

またダウンタイムもほとんどありません。

ただしたるみの程度が軽度であれば効果的ですが、たるみの程度が大きい場合はHIFUはマリオネットラインの対して大きな効果は期待できません。

たるみの進行を予防する目的で使われることもあります。

まとめ

マリオネットラインに少しでもご不満があれば、気軽に相談できる無料カウンセリングを実施しています。

また、気になる部分の写真を送っていただくだけで、メールによるより丁寧なカウンセリングが受けられます。

いずれもご相談は無料です。

お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<マスクを外した時のほうれい線が気になる方へ> ほうれい線専門医院「福岡Shiwa美容皮膚科」が11月30日まで 「ほうれい線改善・成果保証キャンペーン」実施

 

 


くわしくはこちら>>

Add more content here...